身近なサービス

顔と両手

歯科は身近な存在になっています。

歯科は総合・大学病院の他、個人経営の病院や診療所でも多く見られます。また、最近では企業内診療所でも見られます。つまり、今や身近な場所で治療が受けられるようになったことがいえます(ただし、地域差もあり)。特に妊婦の場合は妊婦歯科検診も必要となってきます。今や保健所だけでなく、産婦人科においても医療機関によっては歯科医師が派遣されており、そこで検診を受けるといった歯科サービスが受けられる時代さえもなっています。 しかし、それだけ歯科が増えてきているだけにの評判のよいところと評判が悪いところの差も顕著になっているのも真実です。特に未だ自らの儲けのために開業しているところもあるため、口コミを参考にするなど、病院選びは慎重に行う必要があります。

藪医者も多くいるだけに患者に親身なところは人気が集まります。

歯科は患者に親身な医療機関と藪の医療機関の差が激しいのが現状として言えます。藪医者の場合は、やたらに歯を削ったり抜きたがる特徴があります。また、インプラント処置を多投したり、予防思考でないなどといったことも特徴に挙げられます。自らの儲けのための歯科営業がゆえに以上のようなスタンスをとるという歯科医師も多いようです。 一方、前者は患者にインフォームドコンセントを行っている、国家資格である歯科衛生士を持っているスタッフがいる、スタッフ体制が充実している、診察や措置に時間をかける、助言や指導を患者に行っているといった特徴が挙げられます。以上のような歯科は口コミ評判もよく、人気が集まりやすい傾向にあります。