治療の流れ

手と女性の顔

治療計画を立ててみよう

インプラント治療は、他の歯科治療と違って長い治療期間と2度の手術が必要になるため、あらかじめ治療の流れを把握して治療計画を立てる必要があります。インプラント治療を受けるにはまず、インプラント手術が行える状態かどうか検査するところから始まります。虫歯や歯周病などの病気が進行していると、そちらの治療が先行される場合もあるので、治療計画がうまく進まない場合もあります。インプラント治療を受けることを決めたら、なるべく早く歯科医院を受診して歯の状態をチェックしてもらうようにしましょう。インプラント治療は2度の手術が行われたあとに、メンテナンスが必要です。インプラント治療を成功させるためにはメンテナンスが欠かせないため、数ヶ月に1度は必ず歯科医院へ行って検査してもらうようにしましょう。

入れ歯やブリッジとの違い

インプラント治療は入れ歯やブリッジと違って高い人気を得ています。入れ歯やブリッジの場合、治療期間が短期間で済むメリットがありますが、装着したときに違和感があったり、他の健康な歯に負担をかけなければならないため、必ずしも良い治療方法とはいえませんでした。しかし、インプラント治療であれば、周りの歯を傷つけずに本物の歯に感触が近い人工歯を取り付けることができるため、歯を失った患者さんから高い人気を誇っています。治療に時間がかかりますが、一度インプラントを取り付けてしまえば、日々のストレスから開放されるため、メリットが高いといえます。治療方法は人によって向き不向きがあるため、歯科医院の医師と相談して決めることが大切です。