抜けた歯を補う

足をマッサージする女性

歯が抜けた場合の治療法として

最新のデジタル機器を完備している矯正歯科が増えているので、インプラントを埋め込む顎の骨の形状を正確に把握することが可能になっています。またインプラントを埋め込むには難しいと言われた人でも、骨移植や骨増殖などが可能になってきます。今まで歯を失ってしまった時の治療法であった入れ歯は、洗浄が必要だったたり、噛み心地に違和感があったり等のデメリットがあります。インプラントは入れ歯のデメリット部分を上手くカバーしていると思います。人造歯を植え付けているので噛み心地には違和感なく、取り外して洗浄するという手間も省けます。また入れ歯だと取り外しの時の人の目も気になったと思いますがその心配もなくなります。今後インプラント治療を利用する人は増加すると考えられます。

インプラント治療で気をつけること

インプラントは入れ歯のデメリットをカバーしてくれると言いましたが、インプラントにもデメリットはあります。一番にあげることができるのは手術が必要だということです。インプラントを埋め込む為顎の骨に穴を開けたり歯肉にメスを入れたりする必要があります。そのため精神的にも身体的にも負担は大きいと思います。また入れ歯のように取り外して洗浄することはありませんが、しっかりと口の中をケアしないと歯周病になっていまします。インプラントを埋め込んだ場所やその周りが歯周病になったりすると、インプラントがぐらついたり、外れたりしてせっかくの治療の意味がなくなってしまいます。どの治療方法でも当たり前のことですが、口の中のケアは大事です。